どのような時期を選べば日本国内を格安航空券で安く旅行できるのか?

- どのような時期を選べば日本国内を格安航空券で安く旅行できるのか?

どのような時期を選べば日本国内を格安航空券で安く旅行できるのか?

旅行を行く場合に、出発日や到着日を工夫することで全体的な旅行費用を抑えることができます。
どこに注意をしたら良いのか気になるでしょう。
今回は【どのような時期を選べば日本国内を格安航空券で安く旅行できるのか?】についてお話します。

多客期を避けることです

ゴールデンウイーク・夏休み・冬休み・お正月・春休みなど国民の大部分が休みになる時期は避けましょう。
飛行機代も激安とは言えません。
ホテルや旅館も高く、全体的な旅行費用は最悪2倍になったりします。
どうしても休みがその時期しかとれないならばやむを得ません。
最近では、夏休みなどを分散して取得できる会社も増えてきました。
極端に高くなる時期を外して、旅行の企画を立てることが大切です。
例えば3連休があったとしましょう。
ツアーなども料金はとても高いです。
まずは、前後の日にちに有給休暇が取れるならば、ずらす日程を考えてください。
料金も安くなりますし、予約もしやすくなります。
安くなる目安はパッケージツアーのパンフレットが分かりやすいです。
出発日によって色が違いますからね。
それを目安にしてパッケージ旅行や航空チケットの手配をすればいいです。
手配をする前にちゃんと計画はいつからスタートするべきなのかも考えておきましょう。
例えば、国内旅行の格安航空券の定番は早割です。
JAL航空券の早期購入割引は「先得」・ANA航空券の早期購入割引は「旅割」・SFJ航空券の早期購入割引は「SKYバーゲン」です。
こちらもパッケージツアーと同じで搭乗日によって料金が違います。
例えば、日本航空の分ならば、最大で約86パーセントも割引になります。
ウルトラ先得ならば75日前までの予約ができます。
注意しなければならないのは、予約をしても購入しなければ予約が消されてしまうことです。

飛行機の便をずらす方法もあります

同じ搭乗日でも、少し便利が悪いフライトの場合は安くなります。
一般的に往路便については午前中の早い便が高くなります。
復路便は夕方の便が高くなります。
要するに現地滞在時間が長くなる便利なフライトは料金が高くなります。
もしも往路に早朝便があれば、それを利用してみると安くなるかもしれません。

いかがでしたでしょうか?

少し旅行のスケジュールプランを前後するだけで予約もとれやすくなるし、料金も安くなります。
激安とは言えなくても、料金は安くなるでしょう。
もしも激安とか最安値を狙いたいならば、平日を狙うしかありません。
格安航空チケット比較サイトなどで調べてみると見つけやすいです。

ページ上に戻る

Copyright © 2017 先得・早割・格安航空券!お得に国内旅行するならどれが良いの? All Rights Reserved.